ゴーヤの種は食べられる!

スポンサードサーチ

はじめに

こんにちは!今年から本格的に畑をはじめた かなはしもと(@khashimoto1105) です。

今回は、収穫時期を逃したゴーヤの種をおいしく食べる方法についてご紹介します。

ふだんのゴーヤとはまた違う楽しみ方に、わざと熟すまで待ちたくなるかもしれません!

ゴーヤの収穫が遅れると…

お盆が明けて、久しぶりに畑に行ってみると、見慣れない物体が落ちていました!

地面に落ちた真っ赤なゴーヤの種

ぷるんとしたゼリー状の真っ赤なものが、複数個…。

これはいったい何なのでしょうか?

 

答えはすぐにわかりました。

真っ赤なゼリーの上にあったのは、これ。

はじけたゴーヤの実

熟したゴーヤから種が落ちるところ

そう。ゴーヤの実です。

通常よく見るゴーヤといえば、ゴツゴツ固い緑の実ですよね。
それが熟すと黄色く色が変わり、すこし柔らかくなってこのようにはじけます。
そして、真っ赤なゼリー状のものに包まれた種子が落下します。

ゴーヤは熟すとこんな風になるんですね!
ゴーヤの種子が散布されるところは、はじめて見ました。

スポンサードサーチ

じつは食べられる!ゴーヤの種

実はこのゴーヤの種、おいしくいただくことができるのです!

食べられるのはこのゼリー状の部分と包まれている種の部分。それでは順に、食べ方を解説していきましょう。

種を食べるのなら黄色くなったら収穫時期

まず種を食べるための収穫時期は、黄色く熟してきたころ。はじけてしまうと、種が落ちてしまうので、その前に収穫しましょう。全体的に黄色くなってきたら取り頃です。

種を包むゼリーは真っ赤で甘い

まずはこの毒々しい真っ赤なゼリー。これはこのまま生で食べられます!

黄色くなったゴーヤの皮は柔らかく、手でかんたんに割ることができます。割ると、中から赤い種が出てくるので、おおきめのスプーンで取り出しましょう。力を入れなくてもスルンと取れます。

種を取り出したらそのまま小さな器に盛りつけて食べましょう。
食べるのは、種のまわりのゼリー状の部分のみで、大きく固い種は出します。

デザートになったゴーヤの種

食べた感じは、ほんのり甘く、ぷるぷるの食感が夏にうれしい。アケビを食べる感じに似ています。

砂糖なしでおいしく食べれるので、子どものおやつや、ダイエット中のおやつにピッタリですね。

固い種も炒るとおつまみに!

ゼリー状の部分を食べた後の種も、少し手を加えると食べることができます。

【ゴーヤの種のおつまみレシピ】
・洗って水分をふき取ったゴーヤの種を用意
・プライパンに油をしき、炒める
・カリッとなってきたら塩コショウをして完成

まるごと食べれるカリカリおつまみ。ぜひ試してみてください!

種を食べるなら自分で育ててみよう

このように黄色く熟したゴーヤもおいしく食べられるのですが、なかなか市場には出回らないもの。

ゴーヤはベランダでもかんたんに育てられるので、自分で栽培するのが一番手っ取り早いです。

ベランダでゴーヤを育てるには?

ゴーヤを育てるのは結構かんたんです。種から育てることもできますが、苗っからの方が失敗が少なくよいかと思います。

用意するものは大体こんな感じ。

 

詳しい育て方については、こちらの記事がわかりやすく参考になります。
≫ゴーヤをベランダ菜園で収穫!育て方とプランター栽培のコツ

ゴーヤを巻き付けるにはアイアン製フェンスがおしゃれ

ベランダでゴーヤを育てる時にオススメしたいのはこの、アイアン製アイビーフェンス

ツル性の野菜や花を育てるときには、ネットが必要ですが、ホームセンターで売っているネットはあんまりおしゃれじゃないですよね。そして、設置のときにからまったりしてめんどうです。

でも、このアイアン製フェンスなら、おくだけでかんたんに設置できますし、風でバタバタして飛んでいく心配もありません。

何より、見た目がおしゃれなのがうれしいところ。


アイアン製アイビーフェンス(幅90cm、高さ240cm)[グリーンカーテンやつるばらに!] ノーブランド品

この機会に、あなたもゴーヤを育ててみませんか?
それでは!