野草クッキーを作ってみた!食べれる野草も紹介します【簡単レシピ】

春の野草クッキー

はじめに

こんにちは!田舎暮らし満喫中のかなはしもとです。

みなさんは野草を食べたことがありますか?
つくしを採って食べた~とか、ワラビやフキノトウを食べたことがあるよ!って方は多いのではないでしょうか。

でも実は、野草ってものすごく奥深いんです!
もっといろんな野草が食べれるし、もっといろんな調理方法があるんです。

たとえばこれ、野草クッキー。

めちゃめちゃ素敵じゃないですか??

ツユクサでクッキーを作ってみた!

ということで、作ってみました!
使った野草は、家の近くにたくさん生えていた「ツユクサ」です。

ツユクサのきれいな青が、クッキーにしてもキレイに出ています。

追記:春の野草クッキーも作ってみました

ツユクサは夏の野草ですが、春の野草でも作ってみました。

春は色々な野草があるので、はじめて挑戦するときは春がおすすめ!
色とりどりで華やかなクッキーになりますよ。

春の野草クッキー

簡単!野草クッキーの作り方

野草クッキー、意外と作るのは簡単です。

野草クッキーの材料

  • 薄力粉 120g
  • 砂糖 40g
  • バター 50g
  • 卵黄 1個分
  • 好きな野草 適量

野草クッキーの作り方

  1. まずはクッキーの生地を作っておきます。
    レシピはふつうのプレーンクッキーのものを参考にしてください。どんなレシピでもOKです!
    今回は上記のレシピで作りました。
  2. 野草を摘みにいきます。
    野草の花びらは薄くしおれやすいので、はやめに使いましょう。
  3. 軽く洗った野草を、クッキーに貼り付けます。
    丁寧に指で密着させるような感じです。量が多い大変ですが、根気よく頑張ってください!
    ぴったり貼り付けると、オーブンで焼いても焦げにくいですよ。
  4. 180℃に予熱したオーブンで、15分焼きます。

ポイント

ツユクサの場合、色素が水溶性なので、水で洗いすぎないようにしましょう!

野草の中には毒が含まれるものもあります。
集めるときは食べられる野草を使いましょう。食べられる草花を紹介した本もたくさんあるので、しっかり調べた上で摘むか、植物に詳しい人と一緒に摘みに行くと安心です。

食べられる野草

食べられる春の野草

春:サクラ,菜の花,カラスノエンドウ,スズメノエンドウ,ウマゴヤシ,カタバミ,ホトケノザ,オオイヌノフグリ,スミレ

夏:ツユクサ,ヨモギ,アカメガシワ,クズ

などなど、ここにあげた以外にも食べられるものはたくさんあります。
セイヨウタンポポは年中花を咲かせるので、寒い季節も使うことができますよ。

まとめ

かわいい野草クッキーも意外と簡単にできるんです!

都会に住んでいて、野草を摘めるきれいな場所がないよーって方は、ドライになったエディブルフラワーを使うのもいいですね。
最近はたくさんの種類があるので、いろいろ探してみてください!


こちらの記事で本のことも紹介しています!

>>『野草と暮らす365日』が素敵すぎたので、全自然好きにおススメしたい!