【高知パワースポット】樹齢3000年!? 日本一の大杉を見てきたよ

高知県大豊町に日本一の杉がある

高知県大豊町には日本一の杉があるんです。

大杉のある八坂神社は、国道32号線沿いの道の駅「大杉」から山手に伸びる道を上っていったところにあります。

わかりやすいこの看板が目印。

すれ違いに少し気をつかうくらいの細い道をのぼっていくと、駐車場があります。

大豊町の名物の絵が描かれた壁の前が駐車場です。

入場料は、大人200円、子ども100円ということで、こちらの料金所でお金を払って入ります。

お守りやお札が欲しい方も、こちらの料金所で。

樹齢3000年!?その大きさとは

料金所でお金を払い、パンフレットとチケットを受け取ったらお参りに。

日本一の大杉は八坂神社の境内にあります。

ひとつめの鳥居をくぐると、手水があるので手と口を清め、ふたつめの鳥居をくぐります。

ふたつめの鳥居をくぐるとすぐに、大杉が見えてきます。

”見えてくる”というのも、大杉が大きすぎて、視界に入りきらないのです!

手前に立つ私と比べてもらうとわかりますが、とっても大きい!!

こちらの大杉は、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された、とても貴重な大木なのです。

この杉の大杉は、推定樹齢3000年といわれており、須佐之男命(すさのおのみこと)が植えたという言い伝えがあるそうです。

3000年前というと、日本では縄文時代が終わろうとしていた時です。
ぜんぜん想像がつかない昔の話…。

この杉は、日本の歴史をずっと見守ってきたのかと思うと、、、言葉に言い表わせないくらいすごいことですね…。

そのころ、大豊町はどんなところだったのでしょうか…。

道の駅大杉で買ったおやつを食べながらゆっくり

大杉の周りはぐるっと歩いて回れるように道がついています。

枝もめちゃくちゃでかい…!

大杉の前にベンチがあるので、ここでひとやすみ。

下の道の駅「大杉」で買った、名物の「銀不老」をいただきます。

白あんと生クリーム、ココア味の生地がよく合っていておいしい~。

こちらが本堂でしょうか。

大杉に気を取られていましたが、ここの彫り物もすごい…。

日本一の大杉 基本情報

日本一の大杉は、高知県大豊町にあります。

高知県嶺北地方に来た時は、ぜひ寄ってみてくださいね!

住所高知県大豊町杉794番地
営業時間4月~9月 8:00~18:00
10月~3月 8:30~17:00
料金大人 200円 小中学生 100円
問い合わせ先0887-72-1585(大杉料金所)
参考リンク杉の大スギ周辺|大豊町HP