【大学時代にやっておきたい15のこと】 あと半年で卒業の4回生が思うこと、そのまま。

大学時代にやっておいて良かったと思うこと、ああすれば良かったと後悔したこと、今までの大学生活3年半と休学の1年の中で感じたこと、全部ひっくるめて書いてみた。

大学

1 フットワークは軽く

気になるところには飛び込むこと。何もかえりみることはない。
ちょっとしたきっかけをしっかり掴もう。途中でやめたっていいのだ。学生時代は色んなことに手を出して、見える世界を広げよう。

2 真剣に勉強すること

なぜ大学に入ったのか。理由がある人は初心を常に思い出し、勉強に励むこと。
なんとなく入学した人も勉強に励むこと。
自分は大学でこれを学んだと胸を張れるようになること。

3 他学部の授業を受けてみる

単位に関係なくても気になる授業は受けてみよう。知りたい気持ちだけで学んでる、それが本当の学びだ。
自分の興味関心を、学部学科にカテゴライズしなくたっていい。

4 他大学の学生と関わる

同じ学生であっても他大学の学生の視点は少し違ったりする。
同じ問題を違う切り口で捉えていたり、集まる情報の種類が違ったり。互いに主張し、意見し、情報交換しよう。
刺激になるし、他大学の友だちが次のトビラの鍵を渡してくれたりする。

5 交通費を惜しまない

交通費を惜しんでフットワークを重くしてはいけない。
難しいことだけど、交通費は惜しむな。
私はこれを心掛けてから価値ある経験を沢山出来るようになった。

6 サークルは沢山検討し、どれとどう付き合うのか決めること

ゆるく楽しみたいのか、青春したいのか、自分の糧にしたいのか。
決めつけずに色々のぞいて、たくさんの中から自分の求めるものを探し出すこと。
はじめが肝心。早く出会えば長く活動できる。

7 留学をする

ほんとは留学でなくても良い。何でもいいから海外に一定期間住んでみよう。旅ではなく住むのだ。
今まで持ち得なかった視点を得ることができる。視点を沢山持っている人は強い。

8 一人旅をする

たくさんの人に会い、たくさんの生き方に触れよう。
それを見て何を思ったか、そこをよく考えてほしい。人との対話は無意識の部分の自分を浮き上がらせてくれる。

9 色んなバイトをやってみる

色んなバイトを試してみるメリットは3つある。
まず、自分にとって一番効率のいい働き方が見つけられること。
次に、出来なさそうだったことが出来るようになること。
そして、少しだけ社会人の仕事観をのぞけること。

10 一人暮しをしてみる

一人暮しぐらいできるようになること。ごはんも洗濯も掃除も、やってもらわないと生きていけないような人間になるな。
一人暮ししたら好き勝手やりたいようにやること。
部屋のレイアウトもやりたいようにやる。ごはんも自分が食べたいものを作る。起きたい時に起きて、寝たいときに寝る。友だちを深夜に呼んでもいい。
自由は楽しい。
人生で最も自由な時期に、最も自由に過ごすこと。

11 色んな手続きを自分でする

手続きはめんどくさい。でも人間社会で生きていく上で手続きというものからは逃れられない。
なら、今のうちに練習しておこう。
一人暮しは絶好の機会である。ぜひ、親にいっさい頼らず一人暮しを始めてみてほしい。

12 お金儲けについて考える

突然だが、お金儲けに対して嫌悪感を抱いてないだろうか。もしお金儲けにマイナスイメージを持っているなら、出来るだけ早く払拭しよう。
お金儲けを考えることはどうやって人に喜んでもらうかを考えることである。人は価値を感じたものにお金を払うのだ。
価値を生み出す側になったとき、この考え方は基礎になる。この考え方を身に付けるためにはこの本がおすすめだ。



ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

考え方をガラリと変えてくれる。

13 自分にとって何が大切か考える

自分は何を大切にしたいのか。
大切なものをちゃんと大切にすること。一番に考えること。
他のことは気にしなくていい。何を大切にするか決める自由は自分にある。

14 無理そうに見えることも何か方法はないかと考える癖をつける

必ずどこかに突破口はあるはずだ。
他に打てる手はないか、やれることは全てやったのか。諦めるのはそれからだ。
しかし、常にこの考えで動いていると諦めなければいけないことなんてほとんど無いことに気付くだろう。

15 縁を切る勇気をもつ

邪魔者とは縁を切れ。
自分の時間は有限だ。大切だ。慈悲などいらない、邪魔者はバッサリ切り捨てろ。それか逃げろ。
邪魔者は何なのか考えてみてほしい。
誘惑なのか、めんどうなバイト先なのか、尊敬できない親か、束縛してくる恋人か、それとも忘れられない過去のトラウマか。
ブレーキをかけてくるものは徹底的に取り払え。

オススメ記事

もう一度休学するなら、こんな計画を立てよう!休学経験者自身が後悔した ①資金作り ②英語学習 ③スキルアップ について振り返りながら、このスケジュールなら最高の休学期間を過ごせる、と確信したプランを紹介します。休学検討中の学生さんには、参考になる例です。