力の及ばないことにどう向き合うか ーどうにもならない不安を感じた時の対処法ー

はじめに

どーも!
室戸市地域おこし協力隊のかなはしもと(@khashimoto1105)です。

最近、あぁこれ、今の自分にはどうしようもなく大きくて、力の及ばないことだなぁ、と感じることがいくつかありました。今日の記事はそんな時に考えたことです。

ものすごく抽象的な話ですが、壁にぶち当たっている人にとって、何かの糸口になればいいなと思い、残しておきます。

結論、どうにかしたいなら、どうにかしようとし続けるだけ。
できることだけ、するしかない。というお話。

やってみないと気付かないことがある

なんでもできるようになるかも、やってみよう

今までは、何か課題にあたったとき「できるかもしれない。やってみよう」とよく思っていました。

やってみて、結局100%うまくいかないこともあります。

それでも何%かはできたなら、それでよしとします。
何もやらなかったら0%だったのですから。

やってみようとして無理だと気付くこともある

それとは別に、できるかもしれないとも思えない、手も出ない課題に出会うこともあります。

これを持ち合わせていないから、自分にはできなさそうという課題です。

例えば、年齢、経験。
そんなのはあまり関係ないと思っていました。乗り越えられるものだと。

でも関係なくはないんですよね。

年齢、経験が上だけど、今現在、何にもしてない人には追い付けるかもしれません。
でも、常に、過去も今も未来も何かを積み上げている人には、自分が今現在から何かを積み上げたところで、到底及びません。

できないことやろうとしたら大変なことになるかも

もし到底力の及ばない事に手を出してしまったら、信頼を失ったり、コミュニティを壊したり、そういうことも最悪考えられます。

いい意味での空気を読むことも必要。

ここは出しゃばったところで、大した結果は得られない、むしろ悪い方向へいくかも、と思うときは無理に動くべきではありません。

力が及ばない時どうするか

まずは考える

まず、それは自分にできることか、できないことか考えるんです。

わからない時もあります。

もしかしたらできるかもしれない時もあります。

それは、すぐにはわからないことかもしれません。

それでも考えること。
考え続けること。

できないことに気づいたら

できないことに気づきました。
でも、課題は目の前にあります。それをどうにかしたい時。

そこであきらめてしまうのも手。でも、なんとかしたい時。
その時はどうしたらいいのでしょう。

その時は、その中でもできる部分を探します。

例えば、自分にはできないけど、できる人を探してくるとか。
他の人の知恵を借りに行くとか。

それが実らないかもしれないけど、もしかしたら効くかも、ということをやります。
全力を尽くすというやつです。

考えてもわからないとき

わからない時は「どうしたらいいの」って聞きたくなるけど、どうしたらいいのか考えてみることも大事です。
誰かに聞くことも大事だけど、考え続けることも大事。

答えはすぐでない時だってたくさんあります。

それでも考え続けるんです。

結論 できることをするしかない

できることしか、できない。

結局、どうしたって、できることしかできないんです。

当たり前だけど、できることしかできない。

だから、できることをやるしかない。
で、できることを探し続けるしかない。もうそれだけ。