100%竹繊維!竹布 TAKEFU の布ナプキンは洗うほどやわらかくなる

竹布 TAKEFU の布ナプキン

はじめに

かぶれやムレがなくってとても快適に使える布ナプキン。

布ナプキンってどんな使い心地?といったことから、使い方まで、ナプキンの環境への影響のお話も交えながら紹介したいと思います!

今回は、めずらしい竹の布(竹布 TAKEFU)でできた布ナプキンを紹介します。

やわらかい肌触りが好きな人、軽いつけ心地が好みな人にはおすすめです♬

洗うほどに柔らくなる 竹布 TAKEFU の布ナプキン

竹布 TAKEFU の布ナプキン

竹布とは、その名の通り竹の繊維でできた布です。

竹布(たけふ)は、吸水性と抗菌性が高いのが特徴です。また、静電気の発生や摩擦が少なく、肌にもやさしい素材です。

布ナプキンの生地は2種類のガーゼでできており、裏表、どちらの面でも使うことができます。

竹布でできた布ナプキンには、上記画像のホルダーと、S M L の3種類の大きさの布ナプキン本体(折り重ねて使用)があります。量や好みに合わせて使い分けてください。

ホルダーのみでおりもの用に使うこともできます。

竹布 TAKEFU のエコなポイントや特色

地球にやさしいポイントや、商品の特色は以下のとおり。

  • 無農薬の天然素材
  • 持続可能な資源を利用
  • くりかえし使えゴミが減る
  • 長く使えば経済的にもお得

竹布の原料の竹は、無肥料・無農薬で栽培されています。また、竹は成長が早いので、持続可能な資源でもあります。

使い捨てのナプキンとは違い、繰り返し使えるのでゴミの削減ができ、ナプキンの生産に使われる資源を節約することもできます。

竹布 TAKEFU のエコじゃないポイント

反対にここが変わるともっといいかも!というポイントは以下のとおり。

  • 特になし

特にエコじゃないなと思うポイントはありませんが、いずれ、日本の竹からも製品化できる技術が生まれたら素敵だなと思います。

日本でも竹林はあり、手入れがされず荒れているところも多いので、そのような竹を有効活用できたら竹林保全の可能性が広がりますね!

竹布 TAKEFU 布ナプキンを実際に使ってみた!

竹布 TAKEFU の布ナプキン
竹布 TAKEFU の布ナプキン

今回は、おりもの用にホルダーのみ注文しました。
3つセットに説明書がついてきます。

竹布 TAKEFU の布ナプキン
竹布 TAKEFU の布ナプキン

裏表の布の様子はこんな感じ。
ざっくりしたガーゼ面と、細かくさらりとしたガーゼ面です。どちらも肌触りがいいです。

竹布 TAKEFU の布ナプキン
竹布 TAKEFU の布ナプキン

使い方が書いてあるので、初めて使うときも安心。

使ってみた感想は…
軽いつけ心地でつけている感じがしません。汚れても通気性がいいからか、すぐにサラサラになる印象。
ホルダーのサイズ感もちょうどいいと感じました。

ただ、長時間つけたり、動き回ると、ホルダーのみだとやわらかすぎてズレそうです。

竹布の布ナプキンの一番よかったところは、布が薄く洗濯がしやすいところです。
部屋干しでもすぐに乾燥してくれるため、少ない枚数で使いまわすことができます

布ナプキンを使う上で、洗濯は避けて通れないため、洗いやすく乾きやすいのはとってもいいなと思いました!

使い方

『布ナプキン』を3つ折りや4つ折りなど 折りたたんでお使いください。汚れたら 面を変えて折りたためば数回使えます。 夜、寝るときは扇形にするなど、工夫して。

ズレが心配な方は『布ナプキン』をショーツ にあてたら、『ホルダー』ではさんで、動かないようにとめてお使いください。

布ナプキンの使い方 | 抗菌性、吸水性に優れ、優しい肌ざわりのTAKEFU(竹布)より

使用感

今回はホルダーのみの使用でしたが、竹布のやわらかさ、乾きやすさを実感することができました!
つけていないようなつけ心地だったので、おりものシートでさえうっとおしいと感じる人におすすめです。

ただ、やわらかすぎて、動きまわるとズレることがあるので、たくさん歩く日やスポーツをするときには不向きかも。布ナプキン本体を合わせて使うと、厚みが出てもっとズレづらくなるかな、とは思いました。

あと、薄いので、経血の量にあわせて布ナプキン本体を調節しないとモレが心配かも。

洗いやすく、汚れ落ちはとてもよかったです◎
乾燥についても、夜に干して一晩で完全に乾きました!

竹布のナプキンは軽いつけ心地と洗いやすさが◎

竹布の布ナプキンは、生地が薄くて洗いやすいので、使う上での洗濯のストレスが大幅に削減できそうです。

すぐに乾くところも高ポイントで、つけていてもサラサラだし、部屋干しでもすぐ乾燥してくれます。

竹布 TAKEFU の原材料と産地

原材料:竹100% (中国産 慈竹)
産地:中国

竹布の原料の竹は、長い繊維がとれ、布の生産に向いている慈竹を使っています。竹布に使われる慈竹は、中国の西南地区にて計画的に生産されています。

竹は肥料や農薬を使わずともしっかり育つので、完全にオーガニックな製品になります。また、3年物の竹のみを使用することで、竹林を持続的に利用しています。

参考 >>竹繊維「TAKEFU」の生産背景

竹布 TAKEFU の布ナプキンを購入できるところ

実店舗で扱っているならそこを紹介。

まとめ

毎月必ず来る生理。どうせなら快適に過ごしたいですよね。
通気性が良くてムレやかぶれもなくって、布ナプキンの快適さは、多少手間をかけても使いたいくらいのものです。

ゴミも出ず、身体にもやさしいので、使ったことのない方は一度試してみてほしいです!
はじめから、全部切り替える必要はナシ。生理期間後半の軽い日だけ使ってみてもその快適さは実感できると思います。

今回紹介した竹布 TAKEFUの布ナプキンは、薄くて洗濯や乾燥がとても楽です。おまけに竹の持つ抗菌性で、衛生面も気にすることなく使えます◎
軽い日やおりもの用に活用してみてください♬

この記事は「普通の暮らしの中で、普通にできる、地球にやさしいこと」を広めたいという思いで書き始めたもののひとつです。

わたしがブログで、地球にやさしい製品を紹介する理由はこちら
>>わたしのエコ (地球にやさしい暮らし) に対する考え方

記事内容は随時アップデートしていく予定です。楽しく、正しく、環境保全に取り組める、情報発信に努めてまいります。

関連記事

その他、布ナプキンに関する記事はこちら。
初めて使うものなので、不安や気になるところがたくさんあるはず。疑問や不安を解消できるように情報発信しています◎